パークシティ駐車場棟の秘話!?

先日、タウンニュース高津区版で「高津物語」を連載している鈴木穆(あつし)さんのお話を聞く機会がありました。

 

その席で「パークシティの駐車場棟は、戦時中の日本工学(今のニコン)の工場で、レンズを磨くための砂などを入れておく建物だった」という話を聞いてきました。

 

日本光学は日本軍との関係が深く、ライフルの照準器や望遠鏡など、軍事用の光学機器(光学兵器)を数多く生産。中でも、世界最大の戦艦「大和」と「武蔵」に搭載された光学兵器「15メートル測距儀(そくきょぎ)」が有名だそうです。その頃、二子玉川や溝の口などに、日本光学の工場が多数あり、パークの駐車場棟はその建物を流用したもの、という話でした。

 

「だからあの建物は天井も低いし、中が暗くて狭いでしょ。各階に鉄扉の扉があって、そこから出し入れしてたそうだよ」と鈴木さんはおっしゃってました。

 

もともと鈴木さんは代々高津区の住民で、27歳で当時の川崎高津郵便局(現在の川崎溝ノ口郵便局)を開局。以後65歳まで局長を続けたそうです。そして高津青年会議の理事長をしていた当時、高津区民祭の前身である「高津区納涼祭」をスタートさせたそうです。

 

高津物語はすでに1000回を超える長寿連載で、ウェブサイトからも記事を見ることができます。タウンニュース高津区版「高津物語」

 

また書籍も発行されていて、北野書店から上中下の3冊がでています。北野書店「高津物語」

 

建物が本当にそうだったのかの事実確認はとっていませんが、なるほどなーと説得力のある内容でした。ほかにも鈴木さんのお話は非常に多岐にわたっていて、たいへん興味深いものでした。あらためて、この溝の口周辺の歴史などを調べてみるのもおもしろいかも、と思いました(文・栗山)