7月23日 第1回植栽研究会議事録

日時 :201772310001150 

場 所:A棟集会室  

出席者:A512池田、A706太田、A1407坂本、B404冨田、C212小林、C707木脇、D1412村元、

203白幡、E1502岡村、E512田代、E312井上、E1207是永、H105中村、H103麻生、I303間淵、

401土井、K105西村、K102嶺、L101井桁、L402松田、 (計20名 敬称略)

欠席者: A504 寺崎、A303竹腰、K108杉本、(D1404植松は休会)

             D1103中山、C1413佐藤、E1013早川→(自衛消防・地震防災セミナー出席のため欠席)  

                                                     

議題 (議長:環境分科会 是永)

 

1.   研究会の会長 副会長 書記の互選 

2017年度(H29年度)は下記に決定

会長:岡村、副会長: 、書記:是永(環境分科会)  

     (以下 議長: 岡村、 書記: 是永)

2.   7月の合同会議の報告 

  下記案件が合同会議で承認された

   *4本枯木の伐採 104,000円 8月実施

   *肥料の購入 3,000

   *D棟ゴミ置場入口右側の修復3,900

  懸案事項

   *K棟北側の汚水桝配管修理に伴う中木撤去修復は9月以降に実施予定

    説明)水吸い上げのこの夏時期は避け、9月以降にする。

       中木は基本的には原状回復ということになるが作業状況を確認しながら要検討。

     

3.今年度のスケジュール感 として「活動予定表 2017年度 植栽研究会」を配布。

質問:中期計画で検討されているが、金額など具体的なものはあるのか。特にK棟前の日照問題で

困っているところは計画にあるのか

   →今年度の計画では13,147,865円という植栽全体の予算があり 高木についてはその内約200

円強位でその他は草刈・生垣・中低木剪定などである。 K棟前の落葉高木は今年度の予算で

剪定する計画になっている。生活支障がある具体的な木は剪定なり伐採もするが、きちんとし

た理由が必要で、切るために理由づけするようなことはあってはならない。

 

質問:管理会社がレーベンコミュニティに変わることにより、引き継ぎが心配。  

→三井不動産レジデンシャルより、植栽の仕様書等引き継ぎ資料は管理組合からレーベンコミュニティへ提供してほしいという話があった。植栽研究会としてはレーベンコミュニティとまだ接点がなくこれからどうしていくか模索中。

次回レーベンコミュニティが植栽研究会に出席予定である。 

     →造園業者について当座は牧野造園を維持していきたい。(尚、レーベンコミュニティの造園業者が

どのようなところか調査はしていく)

 

  質問:管理会社変更の進捗状況を、例えば8月末にでも住民に説明がもらえるのだろうか 

     →本件は植栽研究会の直接的事項ではないが、管理組合に要望として伝える。

 

4. 植栽研究会会員の名簿作成 

 名簿を作成して会員に配布する件は了解された。個人情報なので使用は相互間の連絡にのみ使うと

注記をつける。

 

5. その他

 芝生広場 南側に5連擬木の設置について

予算200万円内で具体案を牧野造園とE棟住民の植栽研究会メンバー(岡村、田代、井上、早川、

是永)とで案を作成して植栽研究会に提示する。

(招集は岡村会長がする) 

 

   *E棟ピロティーの赤いコーンに代えて小型プランターを置く案について

      ピロティーは修繕分科会の管轄であること、また公開空地で安いプランターでは安っぽいし、水やり等々の管理は大変。 E棟住民の植栽研究会メンバーで検討して、後日提案することにした。 

なお、車侵入を防ぐためにパークの外周に置かれたプランターを園芸の会が維持管理しているが、もとはそれらのプランターの維持管理する部門がなく 自治会の組織としてボランティアで実施してきているが毎日の水やりや花の維持で大変な作業とのこと。

 

 

   *ボランティア年間活動日程

実施日  :毎月 / 第二、第四(水曜日)、と 第一(日曜日)。10時~12

    集合場所 :E棟ピロティー、貸与エプロン、

        ボランティア保険加入。(新規ボランティア参加者:白幡さん、嶺さん → 保険加入手続きする)

 

     説明)若い住民や平日は時間とれない方々にも参加してもらいたいので、(第一日曜日)を追加する。                    又、掲示板のボランティア案内の掲示内容を改めることと全戸配布を合同会議で承認してもらう。

     

  ●秋祭り開催日:10月29日

    ボランティア活動の説明と及び参加者を募るため、クラブ紹介の中で数分の時間をもらう。

 

 

次回は827日 E棟集会室 10

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    NT (日曜日, 30 7月 2017 11:03)

    議事録に<造園業者について当座は牧野造園を維持していきたい。(尚、レーベンコミュニティの造園業者がどのようなところか調査はしていく)>との記載があります。牧野造園は、環境分科会が中心となり、複数業者の比較検討を経て、平成22年度合同会議で三井レジの再委託業者から変更したものです(当該年度役員でした)。従って、管理会社が変更しても、理由がない限りレーベンの指定業者へ変更する必要はないと考えます。植栽業者の選定は、組合主導で行うべきです。