Vol.36 立候補新自治会長  山本美賢さん~望む 永久自治会長~

                                                       掲載 2017.05.04

  

パークには、修繕委員会の矢野さん、村元さん等々集合住宅に大きな貢献をされている人財が多数いらっしゃって住民の一人としてとても感謝しております。

このコラムでは、今期自治会長に立候補され週末日曜日に就任内定された山本さんに関して記述してみたいと思います。多分多くの皆様が、ご存じだと思います。

  

   出会いは、抽選によるH24年度管理組合役員の就任前合同会議見学会の後の話し合いの場でした。クジで理事長に当たってしまった私は…

「現役で、とても業務多忙のため理事長をどなたか代わってほしい」と次期役員の方々にお願いした会合にてはじめてお会いしました、と言いますかその時は、名前も顔も一致もせず認識できませんでした。結果どなたも理事長役を引き受けて頂けず、真剣に引っ越しも考え 超落ち込んでいた最中、フェイスブックで「みつけちゃいましたあ」と言うトモダチ申請を頂いたのが山本さんでした。

 週末ヨーカドーの入口で昼時バッタリお会いしたので、軽く昼飲みしましょうということになり、はじめてお話ししました。聞けばベンチャーで共通の友人がいた事とジェネレーションも同世代だったので意気投合致しました、ウエブ制作会社の社長をやられているとの事でしたのでパークのHPを作りましょうということで盛り上がり実現に向けて走り出しました。

 

 理事長時代 大変お世話になりましたし飲み会合も良く開催しました。そんな中で「ローカル活動は、我々の世代的時代的にとても面白い」と申し上げたのが引き金になったのか、以前からご自身模索されていたようで、それからパークシティから近隣マンション、溝の口から川崎までエリアを広げ(ニコタマ、田園都市線)ローカルの盟主となりつつあります。

 

 ご自分でもマゾ系とおっしゃっておりますが、とてもやさしく他人のお願いごと、リクエストは断らず、有言実行の姿を尊敬しております。人物比較論的に私は サド系、敵対する人間にはバッシング、仕事趣味の多忙を言い訳に、都合がつくときだけのローカル活動参加という状況にてお恥ずかしい限りです。

 

 一つの例としては、二年程前飲み会の席で当時の自治会長さんが「民生委員の成り手がいなくてとても困っている」という発言を受けて、その場で盟友曽根さんと民生委員就任を引き受けた度胸もすごいなと思いました。

 

 

現在の本業以外の肩書きとしては

パークシティ次期自治会長

パークシティ民生委員

パークシティHP委員会編集長(7月からは正委員に)

川崎経済新聞 副編集長

パーク・タワー&パークス&メイフエア合同ローカルイベント会長

農園フェス主宰

最近では、東北震災、熊本震災にボランティア活動も精力的にされております。

 

ファミリ的にも子煩悩(久本小PTA会長も務められました)、愛妻家でもあります。

玉にキズ的なところとしては、お酒飲みすぎ、金髪薄毛、プロレスやりすぎといったところでしょうか?

 以前管理組合会合で、「パークに住んで良かったと思う事は?」という設問持ち回りで

「山本さんに出会えたこと」と真面目に答えた方がいらっしゃったのが印象的でした。

若干ほめ過ぎのところもあるかと思いますが、このように管理組合、自治会、ローカルエリア活動にさまざまな尽力、ボランティア行動をされている山本さんが同じ住民であることを私も誇りに思いますし、それこそパークに住んで良かったことの一つです。

 

 今回も山本さんが自治会長に立候補するという情報で、「それならば」という事で知っている限りで5名以上の方が自治会役員に立候補したと聞いております、人気モノですね。

パーク史上、はじめての出来事だと思います。

 

 私もそうですが、プロフェッショナリズム分野がメディア・コンテンツ系なので知見とネットワークを活かし、日経メディア等パーク取材を実現させたのも大きな功績の一つでしょう、パークの資産価値売値相場が下がらず、逆に最近上がったのもその効果のおかげもあるかと思います。

 

 もし、ご本人の御了解が頂ければ、自治会規約も変更して複数年(永久とは申しませんが)自治会長をお願いできればと強く希望致します。

 

 みなさん、山本さんをリーダにパークおよびローカル活動を展開し、ローカルコミュニケーションを向上させ 溝の口およびパークの資産価値を上げて行きませんか?

 

以上

鈴木寿一郎