管理センターは是非替えて !

投稿者 唐変木                                   投稿日:平成29年4月20日

                                    掲載日:平成29年4月21日

 

   先日の管理会社見直しの住民説明会で残念に思ったことは、前理事長S氏を筆頭に旧グランドデザイン委員会のグループの方々が、参加した「日本ハウジング」や「レーベンコミュニティ」の過去の不祥事や組織の弱点・弱小の追及に終始したことです。組織的な意図を感じました。 本来、議論されるべきは「三井不動産サービス」が過去30数年間、住人のために「住民の本当の声に耳を傾け」サービスに取り組んだかどうかです。 参加した会社を批判した方々は、現管理会社については全く言及しませんでした。

 

  さらに、筋違いなことは管理組合執行部を「準備不足だ」などと言って批判したことです。私たちは管理組合執行部が「ハウジング社」ゃ「レーベン社」にたどり着き、参加していただくまでに、どんなに苦労、尽力されたかを知っています。執行部を批判するのは筋違いです。 説明会で問題だったのは、住民が「パークシティは樹木が多すぎる」と発言したことについて、三井レジデンシャルの責任者のM氏が「私も緑が多いと思う」と発言したことです。 パーク内の樹木は私たちの共有財産です。樹木を補植し緑を増やすとか、伐採し樹木を減らすかは、私たち住民が決めることでです。 三井レジデンシャルが関与することではありません。関与することは不法行為です。

 

    5年前にイトーヨーカ堂前の築山の樹木・60本以上が「無断」伐採されました。 当時の管理組合の環境部会長や理事長、住棟委員長は牧野造園に伐採の指示は出していないと発言していました。 伐採する樹木に識別テープを巻いたり、大量の樹木を無断伐採するには「三井レジデンシャル(管理センター)」の関与なしではできません。 更に、4年目にG・H・I棟前のアメリカフウの高木23本を伐採するために白いテープが巻かれたことがあります。その時も環境部会長や環境委員の方々は何のために白いテープが巻かれたかは知りませんでした。 三井レジデンシャル(管理センター)の責任者のM氏は「白いテープを巻いたからと言ってすぐ伐採するわけではない。住民の意向を確かめるためだ」と言っていました。 管理組合や環境分科会が伐採するかどうかの議論や検討もしていないのにどうして三井レジデンシャルが牧野造園に指示して伐採の印の白テープを巻くのでしょうか。 全くの違法行為です。

 

   幸いにもこの時は300人を超える伐採反対の署名が集まり、伐採の思惑が雲散霧消しました。この署名こそが住民の本当の声です。三井レジデンシャルには住民の声が聞こえていないし、聞こうとしていません。 5年前は伐採についての住民への情報が全くなく、60本もの樹木は、不幸にも消えて無くなりました。

 

    私たちはそれ以来、三井レジデンシャルを信用も信頼もしていません。 5年間、管理センターを替えて欲しいと思い続けてきました。 先日の三井レジデンシャルの責任者のM氏の「緑が多い」という発言に危険を感じました。三井レジデンシャルの体質は何も変わっていません。怖いです。 

 

管理センターを是非、替えて下さい。 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    住民 (金曜日, 21 4月 2017 10:10)

    樹木のためだけに管理会社を変えろ、というのも視野が狭すぎてなんとも。

  • #2

    G.M (金曜日, 21 4月 2017 10:37)

    本当に視野の狭い意見です。管理は植栽ばかりではありません。もっとマンション全体のことを考えて管理会社を変更すればどうなるか考えたほうがいいのではないでしょうか

  • #3

    JM (金曜日, 21 4月 2017 12:12)

    先日の説明会でも三井への不満として 以下
    雪かきしろ。水漏れしたらいつまでも寄り添え。管理会社のぶんざいで植栽を勝手にするな。
    などなど、管理会社を変えても解決されない不満が続きます。

    それはですね、管理会社の業務範囲外であるからです。問題の本質ではありません。
    管理会社を変えるということは、多大な労力とトラブルが伴います、多分変更しても また変更という とても負担がかかることですので 慎重にすべきと考えます。

  • #4

    鈴木 (金曜日, 21 4月 2017 13:16)

    「負担がかかるので慎重に」と言われることはその通りだと思います。だからと言って35年の間、三井不動産の子会社が管理組合=我々住人に与えてきた不利益について、声を上げずにきたこと、行動できずにきたこと、それは紛れもない事実だと思います。
    我々は何と情けない住民ではないでしょうか?住民同士で重箱の隅をつつきあうようなことはもうやめて、不当に高い管理委託費を徴収してきたことが明らかになったのですから、そういう管理会社はすぐに替えるべきという本質論を語るほうがよろしいのではありませんか?