平成28年11月修繕委員会の活動レポートNo.1 「議事録サマリー」

2016.11.18掲載

平成2811

今回は平成28年度第5回修繕委員会議事録のサマリーをご連絡します。

開催日時:平成28116日(日)09:15から11:45

参加者 :建物診断センター 澤田 トム設備設計 足立 管理防災センター 宮地

管理組合理事長 大塚 住棟委員長 渡辺 全体監事 谷

修繕分科会 占部 岩瀬 曽根 星

 

修繕委員会専門委員 丹保、豊永、池田、杉本、(曽根)、村元、矢野、横山

 

 1.長期修繕計画(長計H27)に係る住民説明会・意見交換会について

  積立金の前年度繰越金に誤りがあり、長計資料の修正を行いました。このため1030

  日(日)に予定していた住民説明会を延期することになりました。

新しい予定

  開催日時:1127日(日)第1回14:0016:00 第2回18:3020:30

開催場所:E棟集会室

配布資料:1118日(金)に全戸配布します。併せHPに掲載します。

長計H27の説明資料に加え、管理組合役員向け説明会におけるQ&Aも配布・掲載します。

修正内容

積立金の前年度繰越金が784百万円となっていましたが、F工事の未支払い金420百万円が反映されていなかったため、正しい金額は363百万円となります。

繰り返しとなりますが、説明資料並びに議事進行の段取りは占部氏が中心となり取りまとめいただきました。資料は以下の通り、パーク資産の現状・収支分析・課題提示・ケーススタディなどで構成されており、大変分かりやすい内容となっています。しかし、20ページを超える力作となっておりますので、説明会・意見交換会の前に資料に目を通していただき、建設的なご意見を多数いただけるようご協力のほどお願いします。

説明資料の構成

①趣旨:長期修繕計画の目的、説明会・意見交換会の目的

②長計H27の前提条件

③建替えについて

④主要修繕工事について、今回の予測に含まれていない工事について

⑤ケーススタディ:ベースケースとケースX(究極のケース)を含む2パターン

⑥高層棟(A棟)と低層棟(K棟)の収支予測とその比較

⑦まとめ

⑧グラフ:ケースごとの積立金収支推移予測表

 

2.日常修繕の実施までの流れ(報告・提案・承認)について

合同会議で承認された日常修繕工事(高層棟外階段・手摺りのGRCパネルの塗装剥離

補修工事)が発注に至らなかったことがありました。今後発注漏れをなくすために、

合同会議で承認された修繕工事については、原則、センターから発注してもらうこと

にしました。

 

3.電気設備更新・改修工事(以下 I工事)

  足立コンサルよりI工事の今後のスケジュールについて説明がありました。

このスケジュールについては11月の合同会議に報告します。このスケジュールに沿い

I工事をとり進めるために承認が必要な事項については合同会議に逐次付議していく

予定です。また、同工事では駐車場棟に関連する工事もあるため、区分所有者である

三井不動産に参加してもらい、駐車場棟部会を開催する必要があります

 

4.屋内外の排水管並びに屋外排水桝の清掃・修繕について

屋外排水桝については、現況を踏まえ、今年度予算の範囲内で建装工業に対応しても

らうことを考えています。

屋内外の排水管については、A棟の鋳鉄管から黒錆が検出されたことや鋳鉄管との継手

部分の経年劣化が懸念されますので、排水管清掃の周期を短く(2年に一回→毎年)

することで劣化を抑え、長くもたせたいと考えています。

 

5.管理センターからの報告などについて

 1) H402/403号室の換気ダクトからの雨水浸入

  本件は当該箇所に限った問題ではなく、低層棟全住戸で発生する恐れがあることが判りました。原因は換気扇ダクトと建物壁面の接合面のシールの劣化と換気扇ダクトの水抜管の詰まりでした。このための修繕工事は次回の足場を掛ける大規模修繕工事において対処することを考えています。

 2)E棟南側の外溝不陸

  三井住建道路に個別に補修をしてもらうために、補修箇所の特定を含め具体的指示を行うことにしました。

 

6.床スラブに多数のビスを打ち込むリフォーム工事について

  澤田コンサルより、20066月の当マンションのリフォーム細則を確認したところ、

3条第3項において、スラブの切り欠き禁止が規定され、第12条には違反した場合の措置として住棟委員会の決議で原状回復を求めることが出来ると規定されている、と報告がありました。また、他のマンションでは、工事内容を確認するために管理会社職員や管理組合理事長などが立ち入り調査権限を持つという事例があるとアドバイスがありました。すでに係る工事が実施されているケースがあることやリフォーム工事申請の許認可の仕方について検討が必要と考えられることから、本件については継続審議とすることにしました。

 

修繕委員会は、今後もパーク資産価値の維持・保全に努めて参りますのでよろしくお願い致します。

次回修繕委員会は1211日(日)915分からA棟会議室で開催を予定しています。