E棟ピロティイヴェントについて

                                                                                                        2016.06.26 投稿 

                                                                                                        2016.06.27 掲載

投稿者  もの申す

 

  好みの音楽の時は、近隣棟の住人には結構ですが、そうでない時、あの音量は苦痛でしかないです。
6月26日 現在の催しについて。 拡声器の音量、聴衆のかけ声、叫び声遠慮なく、日曜の静養時間に、許容量を越えています。 次回は民謡でしょうか?。

 またやるのであれば、一部に負担が行かないよう、押し付けにならないよう、使用の場所を替えてください。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    PCM-fun (月曜日, 27 6月 2016 19:27)

    「”炊き出し”がテーマ」と言うイベントはとても意義があることだと思います。
    確かに、音楽の音量には気を使ってほしいと思いますが、防災対策などを考えれば有効な企画だったと思います。
    山本さん、反省を踏まえながら今後もよろしくお願いします。

  • #2

    山本 (火曜日, 28 6月 2016 23:17)

    HP委員会の山本です。
    今回のイベントの主催もさせていただきました。
    おっしゃるように貴重な休日の午後をお騒がせしてしまい本当に申し訳有りません。
    配慮が足りておらず猛反省しております。
    今後開催する機会があれば、節度を持ち、住民の皆さんにご迷惑をおかけしないような形とするようにいたします。
    本当に申し訳ありませんでした。

  • #3

    jm (水曜日, 29 6月 2016 11:28)

    相反する的意見を申し上げますと、 お疲れかもしれませんが 「参加」という選択肢もあるのでは?

    E棟は、秋祭り、防災訓練等 ピロティを常に貸出し、また大きな会議(合同会議等)もE棟の会議室供与をしておりますので、その負担分を 積立金アンバランスに充当した方が良いかと、 ピロティが広いという構造上の問題で、外壁塗布とか お金がかかってしまうのも事実ですから