屋外設備の現状と今後

                          2016.5.31 (6.13掲載)

                               修繕委員会

 

  昨年、汚水系排水管(埋設)に詰まりを生じ、ヨーカドーでは営業の危機に至り、B,C棟の各

住戸のトイレ・洗面所等の排水にも支障を来したことは記憶に新しいことと思います。

(主原因:ヨーカドーの食品調理時の「油分」の流出の長期間に渡る蓄積)

 排水は、公共の下水道に送って処理してもらいますが、当パーク敷地内では、本稿で「屋外排水設

備」と称した排水管路と排水桝等を経由しており、これの一部に不調が生じたことが原因でした。

(注: 敷地内に、延数Kmに及ぶ排水管と約900箇所の排水桝があります。)

屋外排水設備は、パーク管理組合の費用負担で維持しなければならないものですが、地味な設備で

あるが故にメンテナンスも見逃されがちでありました。

 

  これについて、修繕委員会の取組の現状等を報告いたします。

 

以下、下記のファイルにてお読みください。

 

屋外排水設備の現状と今後160531.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 819.8 KB