グランドデザイン委員会(GD委)報告について             20160403投稿

                                                           田代正純

     合同会議議事録で、3年間の成果報告の提案について、知りました。それに基く私見です。次は、先だっての私の投稿文の一部です。≪上記認識共有を前提として、当マンションの資産管理を概括すると、専有分以外の共有部分については、その全てに、1103戸の共有権の網が掛かっています。それを考慮すると、共有部分のあり方は、スタート時のセッティングで決まりー各自の良し悪し・好き嫌いとは無関係にー当初の方向性を大きく変えることは難しい、出来ることはその方向性の中での維持メンテ・微調整・実害除去的なものにならざる得ないという事だろうと思います。≫これは、現時点でグランドデザインという考え方には無理があるだろうという意味です。実際、拡大GD委で、○○ゾーン、××ゾーン・・・とか図示されたアート紙が配布されました。その時、これに、何の意味があるんだろうと思いました。これは、このパークが施工前の更地で、そこにどう建屋を配置展開すべきか考える段階でのツールというべきものでしょう。

 

 

今回のGD委提案は、

▲<震災時利用のための中央広場のフラット化>が提起されています。フラット化したら、現状と比べてどう改善されるのでしょうか? 率直に言って、無意味というだけではありません。中央丘はパークの特徴ですが、私はパークの長所・美点だと思います。それをなくすという意味で"有害"と思います。震災対応の第一は建造物の耐震性ではないですか!!!次は、

▲<車寄せ>です。一体、現状で何が問題なのでしょう?アクセス自体が問題なら建屋玄関前まで行く構内ルートに乗るのを容易にするコトです。例えば、現行の<ガレージのカードによる出入り方式>の検討等はされたのでしょうか?提案内容で、車寄せとして凹んだ部分は、パーク地面の外出しで、実質的に私有地の外部化で、わが身を削るようなものです・・・合同委員会でのご指摘通り、A棟前での安上がり方式で実施中で充分ではないでしょうか?・・・(他 略)

 

拡大GD委に出席した時、これではダメだろうと思いましたが-上述のように、ネーミングそのものが"分かってない"事の象徴のようでー実害ないかぎり、善意と意欲ある人のやる事に、ゴチャゴチャいうのは控えようと思いました。この3年掛けての成果報告を知って、そのレベルに驚いています。率直に言って、自動車免許のない方にクルマの運転は任せられないとの感を深くします。

 

私が気付くパークの大問題は、下記、2点です。

※震災による損壊対応を含む<建替え>問題。想定される場合は多種多様で、まず、ケース想定のブレインストーミングからでしょう?多くの場合、一戸当たり一千万円以上掛かるでしょうから、現実的に一意解決は難しいでしょうが、想定事例での納得性は目指せるかも知れません?!

※自治会・組合活動では、高齢化と<どうでもイイ無関心層の増大>で、総会決定の形骸化と活動自体の困難増というような事かと愚考します。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    匿名 (火曜日, 05 4月 2016 19:03)

    私見ですから、何をおっしゃってもいいとは思うのですが、
    この方のご意見は全体的に上から目線で、
    読んでいてあまり気持ちのいいものではありません。
    「ゴチャゴチャいうのは控えよう」といいながら、
    結局「クルマの運転は任せられない」というのは、
    今まで熱心に活動されてきた方にとても失礼な気がします。
    いつもここで発言されるよりも、
    その知見を生かせる場で活動(ご指導?)されてはいかがでしょうか、
    といいたくなります。