平成28年2月28日環境委員会議事録

開催日:2016年2月28日(日)10時~12時   場所:E 棟会議室

出席者:寺崎(A-504)竹腰(A-303)坂本(A-1407) 木脇(C-707)村元(D-1412)井上(E-312) 平田(E-605)麻生(H-103)

中村(H-105)西村夫妻(K-105 )土井(K-401) 井桁(L-101)松田(L-402) 

管理防災センター 宮地{欠席:中崎(I-106) )大岡(A-613) 田代(E-512) } 

環境分科会:岡村(E-1502)リーダー、池田(A-512)書記、橋口(B-111)

 

 

2月28日の環境委員会のテーマ

 

1.              合同会議の報告 (来期予算案、植栽研究会案、住民説明会)

  来期予算案は概ね承認されたが、最終的には財政分科会との調整がなされて決定される。

  植栽研究会案は基本的に承認されたが、会則については規約総務と調整することとなった。

  したがって住民説明会も上記が確定されてからとする。

 

2.              植栽研究会会則案

原案を基に規約総務と打ち合わせする 結果は後日報告する。

 

3.              メタセコイアのアンケート結果(給湯器に危険?)

給湯器の下部に落ち葉が入り込むため危険という意見が主なところだ。戸別に訪問して状況を聞くことにして

対応を検討する。 208、308、407だけでなく108の方の意見も聞くことにする。

 

4.              G棟南のしらかしの剪定(毎年剪定希望  G棟住民からの要請)

毎年剪定するのが好ましいことであるが、予算との関係もあり一年おきの剪定となっている。そのため

2年持つような通常より強目の剪定としている。プレイロットの木は冬場は日差しが少ないが、夏場は葉がないと砂場は暑くて困ることになる。

このような事情をG-106個別訪問して説明して状況を確認してから、必要なら対策を検討する。

 

5.              住民活動スケジュール案

  3月:雪かき:道具は管理センターで借りられる

  3月、4月、5月:補植の後の水やり(管理センターでも清掃業務の合間に散水してもらえるが、それだ    けでは充分とは言えないため)各棟で分担して実施する

   方法:管理センターに台車が4台あるのでそこにペットボトルを載せて 水やりする近くの給水場      (ゴミ置場や水飲み場)からボトルに水を入れ散水する方式とする。(ホースでは作業が重労働という     経験に基づく)

   各棟の担当者(環境委員会メンバー):

   A棟 坂本さん、B棟 橋口さん、C棟 木脇さん、D棟 村元さん、E棟 岡村さん、

      L棟 井桁さん、H棟 麻生さん、その他プレイロット等の場所は適宜協力して水やりする。

   散水日時:棟ごとに決める。

 

   補植した場所がわかる図面(補植前と後の写真などでアッピール)と水やり作業協力者の募集を掲示    板に掲載する。(理事長・住棟委員長の承認を得る)

   

   5月:蚊駆除薬の発注 、6月自転車置き場の雨水枡の網張りと投薬・7月投薬・8月投薬

  その他住民活動でできそうなこと落ち葉掃除、枯枝除去、砂場の砂お越し、看板掃除、生垣簡単な剪定    など。

 

6.              築山(鎖柱のあとの植栽について)

どのような植栽が適しているか勉強していく。

 

7.  今後の課題(手つかずの芝生広場の木の整備が必要では 剪定のための高所作業車など入れないため)

*ヨーカドー前のケヤキの根元のモルタルが浮き上がって危険、ヨーカドーが対応することになっているが急がせる。

*E棟のピロチィーの通行人の足音と話し声の対策

 E棟西側に補植して通行できないように考えているが 抜け道を作らないとピロチィーを通る人数が増えて騒音が増すことになる。痛し痒しだが、まずは補植して通行できないようにし、併せて「通勤での通行はご慮ください」という看板を置くことを検討する。

尚、今後は当局の窓口だけでなく上層部への公開空地の対応を騒音という観点からも規制できるよう要請していく。

 

8.              その他

C棟と芝生広場のところに昨年玉龍を植えたが、更に龍のひげを植えたい。H棟にたくさんあるので

3月3日木曜 10:00時からハナミズキ通りに集合して 一部移植する。 できる限りご参集ください。

 

 

                                             以上