パーク de テニス  第4弾

                                              2015.12.13

 『 パーク土曜日テニス 』 

 

 町はクリスマスカラーに彩られ、歳末の賑わいを見せている師走の土曜日、念願であった『パーク土曜日テニス』の取材に行って参りました。

 

 

 

上段 左から 藤田さん 田玉さん 滝上さん
下段 小倉さん 岡さん 遠藤さん 池田さん

 

 

『パーク土曜日テニス』の発足は1994年6月4日。ヨーカドーの屋上のテニススクール在籍のパーク住民が、気の合う者同士声を掛け合い、パークコートでテニスをするようになったのが始まりだそうです。


年月が経ち、その頃とりまとめをしていた新崎さんは、タワーマンションに転居し、その後バトンタッチしたのが田玉さん、現在は小倉さんが引き継がれて各人のスケジュール調整をされています。


パークテニス部の在籍数は、現在、男性9人、女性2

人の計11人。メンバーは、ほとんど在籍者からの紹介で、人柄重視で選考されるとのことです。なるほど、今回取材に伺った際も、皆さん大変仲がよく、ミスも愛嬌、コートからの笑い声と笑顔が絶えませんでした。


活動日は、夏季は土曜日の4時から5時。冬季は3時から4時。小倉さんの作成したスケジュールをもとに、毎回4人のメンバーでゲーム中心の活動。取材時は、小倉さん、岡さん、修繕委員会メンバーの池田さん、女性の実力派、遠藤さんが参加されていました。


皆さん素晴らしい事に、サーブではほとんどダブルフォルトをされず、正確なショットで、並行陣を交えた上級の戦術をされていました。なんとメンバーには喜寿の方もいらっしゃるようですが、実年齢よりお若く見え、明るく、ウィットに富んだ会話が弾み、はつらつとされた方ばかりでした。セブンカルチャークラブの中級から上級クラス在籍者中心とお聞きしましたが、テニスのレベルが高いだけではなく、人間的に魅力的な方が多いと感じました。

  また、皆さんテニス以外にも、忘年会、新年会、納涼会など、交流を楽しまれているようです。テニスを通して繋がり、

ご近所の友達の輪が広がり、より充実したパーク生活をエンジョイされていました。


 テニスは楽しい!ご近所で繋がり、心身ともにリフレッシュ!

パーク土曜日テニスの益々のご発展を心よりお祈り致します。

 

  今回の取材を快く受けて頂いた、小倉さん滝上さん、そして取材に参加してくださったみなさま、厚くお礼申し上げます。


 私も、テニスの上達はもとより、自分も磨き、仲間に入れて頂けるように頑張ります!


                                                                                            自治会広報部 神