住民ボランティア活動 報告

住民ボランティア活動 

 環境分科会主催 「側溝の大掃除」第2回 


第2回パーク敷地内・蚊の駆除作業が6月28日(日)に行われました。

環境分科会主催で住民活動に参加した有志6名が

全敷地内の雨水枡に害虫駆除剤を散布して回りました。

5月の初回には業者の協力で投薬を行ったのですが

今回は住民だけで行いました。

2回目参加の方々は手際が良く比較的短時間で完了。

 

その後全員でA棟前の側溝清掃に回りました。

溝に落ち葉が詰まると、ここでも水たまりが出来る心配があるからです。

しかし何と側溝の蓋が開けられないような構造になっていました。

中を覗くと、水は溜まっていないようですが

落ち葉がだいぶ溜まっているようです。

またとても気になったのが、捨てられているたばこの吸い殻の多さです。

このあたりを通行される住民以外の方々が捨てているようです。


敷地内の立て看板には、「空き缶たばこの吸い殻を捨てないで」と明記されていますが

なかなか守ってはもらえないようですね。

今回の反省として、次回はこの側溝の蓋をちゃんと開けられる手段をとって落ち葉や吸い殻を処理出来るようにしたいものです。

 

尚この「蚊の駆除」住民活動は、8月まで月1回最終日曜日に行われています。

    7月26日(日)・8月30日(日) 朝10時E棟ピロティ集合

住民どなたも参加出来る活動ですので、どうぞご協力をお願いします。

                               報告 HP委員会斉藤