第37回 多摩川美化活動 参加レポート

2015.06.07


  梅雨入り前の晴天の日曜日、恒例の多摩川美化活動が行われました。E棟前に、8時に集合し、各人に飲み物とトングが渡されました。皆、歩きやすそうな靴と帽子をかぶり、実施場所の多摩川に向けて出発。道中は、それぞれに軽く汗を流しながら、まだ同士となったばかりの隣人とおしゃべりをして親睦を深めました。

 

  高津区/宮前地区より42の団体が参加する中、共同住宅からの参加は、我がパークシティ溝の口だけのようで、環境部の方も誇らしげでした。高津区区長の講話、宮前区保健福祉センター所長の開会宣言の後、軍手をはめ、ビニール袋を持ち上流、下流に別れ清掃作業が始まりました。

 

『きれいな住み良い町づくり』をスローガンに毎年行われている活動ですが、ここ数年かなりゴミの量が減ったと聞いています。行政が働きかけ、有料化、モラル向上と理由は色々有ると思いますが、大変良いことです。


 パークシティの担当場所は、上流に向けての清掃作業でしたが、それぞれのビニール袋にはやはりわずかしかゴミは集まりませんでした。残念・・いや大変結構なことです。

しかし驚いたことに、パターゴルフ場付近で、ボーリングボールが不法投棄されていました。もちろん、パークシティの環境部はそれもしっかり回収してくれました。


 ゴミ回収後に、山田さんの万歩計は、8342歩を示していました。パークに着く頃には1万歩を超えるでしょう。


 この清掃活動は、ゴミを拾うだけでなく、近隣とのコミニュケーション作り、住民間の団結、自分たちの町を見つめ直すなど大きな役割を持っています。唯一の集合住宅での参加団体として、長く続けていきたい活動です。


(それぞれの写真をクリックすると拡大します)


  参加してくださった大人20名、子供2名のパークの皆様、本日は大変お疲れさまでした。


  自治会広報部 神


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    JM (月曜日, 08 6月 2015 12:57)

    ごくろうさまでした!