環境委員会(旧植栽小委員会)の1年の活動から  2015-06-03

メッセージ: 環境委員会(旧植栽小委員会)の1年の活動から 


5月24日に1サイクル回ったので、所感でーたくさんありますがー今回は1点のみ,

・特記すべきは、今後、伐採計画を立てる時は、影響する住居の方々にアンケートを取り案決定に際して参考にするとしたコトです。これまで 案決議後、有志がアンケートし、意見書提出、計画実行中断となっていましたが、そのアンケート収集を組合が行うというコトです。運用が重要ですが、これによって伐採派vs反伐採派という不毛な対立という事態が回避出来ると思います。例えば、低層棟横のアメリカフウ伐採計画で、直接影響を受ける低層棟の人の意見を聞くというのは、むしろ、当然の発想ではなかったでしょうか!

・私の懸念は、ほんのチョット考えれば気付くようなモノに対しても、その手間を省いてすぐに感情的になり、挙句、相手の人格まで悪くいうようになっているコトです。自分もそうだが相手も、また他の人も皆、"このパークをよくしよう"と思っているという共通認識を持つコトで、これはコミュニティ成員の持つべき意識です。でないと、議論は、建設的な方向に進みません。

 田代正純