環境分科会主催で側溝の大掃除が行われました。 

住民ボランティア活動 第2弾

 環境分科会主催 「側溝の大掃除」 


 前回のC棟前芝生広場下の土留め作業に続く、住民による住民のための自主活動の第2弾、パーク敷地周辺側溝の掃除が5/31日曜日10時〜行われました。

活動の呼びかけは、5/19、各住戸に、活動内容と活動日が書かれたチラシがひっそりと投函されてました。


  炎天下の中、環境分科会や住民ボランティアの皆さん総勢14名方々がご参加くださり、今回はE棟脇の側溝作業でした。排水溝にたまった落ち葉と泥を搔き出し、水はけを良くし、大雨に備えた対策です。

これからやってくる梅雨に対して、水溜りによる危険のないよう、住民目線の対処を環境分科会の皆さんが自ら汗を流しながら、率先して活動してくださりました。今回は、落ち葉もあまり多くなく、予定時間よりかなり早めに終了となりましたが、今後も月1回の予定で行います。(6/28、7/26、8/30)

 

  また、蚊、蛾などの害中対策として、業者による薬剤散布(6月初旬予定)の後、住民活動としての市販の薬剤散布も予定しています。(6/28、7/26、8/30)


  自らの住居は、自ら守る。出来る人が、出来ることをやる。

今日の活動も、皆さん笑顔で楽しそうにされていました。私は初めてお会いする方も多かったのですが、声をかけて頂いたり、気遣って頂いたり・・同士感が強まりとても良い汗をながせました。

 

 参加した皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

              

 自治会 広報 神