我が家の癒し系



無防備な顔で寝ているまりこ、2歳。

パークに引っ越してすぐに飼い始めたので、まりこの年齢=うちのパーク住人歴です。


この写真は生後5ヶ月の頃。

猫種はスコティッシュフォールド、ご覧のとおり、耳が折れているところからついた名前です。


実は、生後4ヶ月で「骨軟骨異形成症候群」という先天性の病気があることがわかりました。この種類には時々見られる病気だそうです。

後足の骨が変形しているため、痛みがあるときはうまく歩くことができなかったりします。

そのせいか体も小さいのですが、元気に毎日家の中を動き回っています。

夜仕事から戻ると、鍵を開けるガチャガチャという音を聞きつけて、

「おかえり!」と言ってくれているかのように玄関に飛び出してきて迎えてくれます。

疲れが吹き飛ぶ瞬間です(笑)。

人懐っこくて、大規模修繕時の工事の方たちにも可愛がられました。

ワンちゃんと違ってネコはお散歩がないので、他の飼い主さんと交流する機会がないのですが、

パークの猫飼いの情報交換サークルなどをご存知の方はぜひ教えてください。

 

以上、広報分科会、森本でした。


 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    JM (月曜日, 09 2月 2015 12:23)

    犬 のほうが好きですが かわいいですねー

  • #2

    YU (月曜日, 09 2月 2015 13:25)

    私もネコ派。つぶらな瞳が堪らん。こんな子がお出迎えとはウチに早く帰りたくなりますねー。

  • #3

    AM (木曜日, 12 2月 2015 23:19)

    目がパッチリでかわいいですね!寝顔も和みます~(^^)
    玄関に飛び出してお迎えに来てくれるなんて嬉しいですね♪

  • #4

    元JK (土曜日, 28 2月 2015 00:47)

    可愛いっす!!

  • #5

    kuni (月曜日, 02 3月 2015 00:57)

    めっちゃかわいいです!癒されました。