規約分科会での検討をお願いします

総会で植栽伐採の議案が採決される度に、伐採反対者を募る運動が繰り返されます。パークには1000本以上の高木があり、30年以上も経過して生活に支障を来たす様になった木、建物に悪影響を及ぼしている木、高木の密植状態により高木自身の生育や、中・低木に支障を来たしている木など、伐採の対象となる高木が多く見受けられます。これらの木の伐採が採決されると、採決方法に対して問題を提起し、反対運動が行われています。住民同士の争いが繰り返されるのでは、良好なコミュニティー形成は望めません。ここで提案したいのは、議決方法を決めている管理規約第133条の項目追加です。同条第2項第3号を追加して、植栽の伐採本数が例えば10本以内(全体の0.1%以内)であれば、同条第1項(過半数の議決)を適用するという具体例を追加するものです。規約分科会での検討をお願いします。

イニシャルNT

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    イニシャル:NT (月曜日, 04 8月 2014 10:44)

    投稿の中で、10本は全体の1%の誤りでした。