平成26年度第1回合同会議(平成26年7月)を終えて

平成26年度第1回合同会議(平成267月)を終えて

(理事長就任のご挨拶を兼ねて)

 

今年度の管理組合理事長を拝命しました、櫻井です。

組合員、管理組合役員ならびに専門委員会メンバ、さらには自治会役員のみなさまには、管理組合の諸活動に格別のご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

さて、713日に第1回理事会・住棟委員会の合同会議を開催いたしました。その際、私から課題認識の共有と今年度の重点取り組み施策について、報告させていただきました。この資料は別途、公開されますので、ここではその概略を述べさせていただきます。

 

1.   課題認識

パークシティ溝の口が取り組むべき課題は、これまでの管理組合が真摯に向き合ってこられた
「二つの老い」

Ø  建物の高経年化……物理的・相対的・社会的老朽化への対応

Ø  居住者の高齢化……物理的な対応、コミュニティ活性化への対応、役員のなり手不足対応

にあると認識しており、これまでにも増してスピード感をもった取り組みが必要と考えています。

2.   課題解決に向けて

Ø  目指すのは 「安心で快適な暮らし」「人を引きつける魅力ある街」

Ø  支えるのは「コミュニティ」

と考えており、「伝える」「楽しむ」「継ぐ」「創る」「尊ぶ」「育む」をキーワードとし、活動を展開して参ります。

3.   平成26年度重点取り組み施策

つぎの各項目について、スピード感をもって取り組んで参ります。

(1)グランドデザインの策定

将来の危機感を共有して、5年後、10年後のパークの姿を描く

(2)建物の高経年化への対応

長期修繕計画の策定、中長期植栽計画の策定及び実行

(3)コミュニティ活性化の推進

・コミュニティ形成分科会、コミュニティ形成協議会を中心とした、自治会、所属団体、民生委員との連携・協業

・自助・互助・共助の仕組み創り

(4)管理規約・組合財政の再確認

・改定された区分所有法、標準管理規約との整合性、さらに組織運営の柔軟性・機動性の強化

・財政基盤の確立

(5)総会決議事項の着実な実行

大規模修繕工事、インターロッキング改修工事、植栽計画 の無事故完遂

 

 

【理事長提案の資料】(画像に変換しています)

PDFファイルはここからダウンロードできます
201407 合同会議資料.pdf
PDFファイル 1.9 MB

つぎに第1回合同会議の詳細については、議事録を参照していただくとして、急ぎお伝えしたい23の点のみを以下に述べさせていただきます。

1.   専門委員会について

今年度の専門委員会として、

Ø  昨年度から継続

修繕委員会、植栽小委員会、グランドデザイン委員会、規約組織専門委員会、
ホームページ委員会

Ø  新設

コミュニティ形成協議会

6委員会の設置が承認されました。専門委員会メンバについては、有識者を募集し次回理事会で承認し、名簿を公開することにしました。募集の手続きを後日、お知らせしますので、貴重な知見をお持ちの方には応募くださいますようお願いいたします。

 

2.   川崎市立中央支援学校からの支障樹木クレームほかについて

n  626日、お隣の中央支援学校からD棟東側桜並木通りの支障樹木について

(1)    樹木の枝が学校側敷地に侵入し、枝に止まった鳥の糞が給食用物資の搬入口に落下

(2)    大きく伸びた樹木の枝、葉による教室の日照障害、さらには学校側樹木の生育不良障害

(3)    大きく伸びた樹木の枝、葉によるフェンス破壊の恐れ

のクレームがありました。

 

n  さらに710日、台風の強風の影響で、I棟プレイロット内のケヤキに枝折れが発生し、この枝(約5m)が落下していたら、損害賠償に繋がる恐れのある事故も起こりました。

n ここ1か月の間にこのような事態を招いたのは、マンションを社会的資産として管理保全する姿勢が十分ではなかったと考えております。

今後は、かかるクレーム・植栽事故の再発防止を図り、社会的資産としてパークシティ溝の口の資産価値を保全し、快適な居住環境の維持に向け、定期総会承認事項を管理規約の規定に則り、遂行して参ります。

また先日、中央支援学校へお詫びに伺った際、支障樹木の枝にスズメバチが巣(右図)を作り、危険な状態であったとのクレームがあったこともお伝えしておきます。

 

3.   大規模修繕(FGH)工事について

75日に安全祈願祭を行い、今月下旬には各工事が着工されます。来年4月までの長期間に亘り、みなさま方にはご不便をおかけいたします。工事施工者、管理組合役員ともども安全第一を心がけ、無事故完遂に向け尽力する所存でございますので、みなさま方のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

以 上