「管理委託費見直しについて」

「管理委託費見直しについて」

1.公開空地非課税と同じ大阪の友人からの話です
2.管理委託費見直しを専門家のアドバイスの下行い、管理業務の水準を維持したまま管理委託会社をマンション販売の系列会社から代え、管理委託費を約15%削減でき、修繕積立金に振り替えたそうです
3.管理委託費の水準は、これまでの系列会社のいいなりでその妥当性の検証が行われていなかったこと、また管理業務自体満足のいくものではなかったことからこのようなことになったとのこと
4.当マンションも確か毎年1億円近い?管理委託費を支払っているはずです
5.金額の水準からいって、その妥当税の検証はすべきではないでしょうか?
そして浮いた分を修繕積立金に振り替え、将来に備えるべきでは
6.また、「耐震診断ー実施したかどうか」にもとづく耐震補強工事にも役立つのでは?(話がいささか飛んでしまいましたが)
いずれにせよ、管理委託費の見直しを是非してください。なししろ1億円ですからね!

以上

ニックネーム SM

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    鈴木忍 (火曜日, 08 7月 2014 11:06)

    貴重な意見と思いますが、
    管理会社を変える事によるリスクを整理する必要があります。
    リスク排除として 信用できる管理会社を選べるか。
    過去約30年の複雑な経緯を間違いなく知りえて間違いのない情報として管理組合
    に伝えられる会社があるか。
    土地、建物の一部を所有している三井不動産レジデンシャルと変えた管理会社が協
    業できるか。
    マンション資産に影響がでるブランド力のある管理会社を選定できるか
    などなど
    いろいろな課題が出てくると考えられ大変な作業になります。
    そこで
    SMさんのような関心のある組合員がリーダーとなり管理会社を見直す専門委
    員会を立上、問題解決を図って頂けると幸いです。
    是非お願いします。