情報交換会参加レポート

平成25年度の管理組合活動も7月より半年を過ぎました。1月12日(日)合同会議後の17時より、E棟集会室にて情報交換会が開催されました。目的は管理組合活動の中間報告と役員、元役員、自治会、専門委員会など組合員のざっくばらんな情報交換。私、山本は昨年、管理組合役員の任期は終えておりましたが宮下前理事長より「司会」の大役を仰せつかりましたので、マイクを持つ立場からも、当日の様子をレポートします!

この日の出席者は役員、元役員、専門委員会、外部コンサルの30名。

会の流れは下記の通り (詳しくは管理組合からのお知らせにて)

 

1.村本理事長挨拶と中間報告

2.立石住棟委員長の挨拶と中間報告

3.宮下理事長補佐による挨拶と中間報告、乾杯の音頭

 ~以降、飲食しながら

4.全体監事による中間報告&各分科会リーダーによる中間報告

5.自治会長挨拶

6.希望者、団体フリープレゼンテーション

・前々理事長 鈴木寿一郎氏スピーチ

・グランドデザイン委員会 中間報告&来期展望

7.「パークシティの好きなところを一言!」付きの自己紹介(参加者全員)

8.ネットワーキング

■開催挨拶から乾杯までの様子

(フォトギャラリー)

受付時に全員が参加団体、氏名を記入したネームカードを受け取り、首から下げて参加します。初めての人同士もコミュニケーションをとりやすくする配慮から。

女性役員が中心となって飲食の準備、ご苦労様でした!

まず村本理事長からは半年を振り返っての感想と新年の挨拶。パークシティ便りにもありますが「コミュニティ形成元年」としての取り組みにかける意気込みを。

次に今年は「年男」の立石住棟委員長の挨拶。高齢化も進み、将来管理組合、自治会のなり手がなくなるのでは?隣人同士助け合い仲良く暮らすことへの希望の弁。

そして宮下前理事長による2014年、新たな気持ちで資産価値維持活動にとりくみましょう!と景気づけの言葉→乾杯の音頭で情報交換会がスタート!

■全体監事・各分科会からの中間報告&ネットワーキング

(フォトギャラリー)

この後は飲食しながらの全体監事、各分科会リーダーからの中間報告。修繕委員会もこの後、大きな工事を控えており、環境分科会は引き続きの植栽中長期計画の遂行、防災防犯分科会は災害台帳名簿管理・運営や自火報設備の改修、財政、広報、規約総務など各分科会ともに大きな課題を継続役員、新規役員が一丸となり進めてくださっています。私たち住民の代表としての献身的な貢献活動に頭が下がります。

■自治会長挨拶、鈴木前々理事長スピーチ、グランドデザイン委員会コンサル紹介&報告と展望

(フォトギャラリー)

また昨年から始まった管理組合と自治会の連携を一層深めるべく精力的に活動する一澤自治会長による挨拶。自治会の持つパークシティの外側である「地域」との連携を上手に活かしていくことの大切さ…の話には納得&感心しました。
次に鈴木前々理事長のスピーチ。現在はHP委員会の発起人として活動に携わっていますが、老朽化と高齢化の進むパークには、一人でも多くの住民の資産維持活動への参加が必要→この情報交換会がその架け橋になるはずと力説。昨年の総会、配布物等で一部の方から情報交換会に対する反対意見が発せられましたが、惑わされることなく進みましょう!と相変わらずの痛快な鈴木さんのスピーチでした。

昨年度、新設されたグランドデザイン委員会より外部コンサルティングの内山氏の挨拶と活動報告&来期展望を山本より。秋祭りアンケートの途中経過データによる属性分析→一層高齢化が進む中、若手の参加を促すべく案件ごと(プロジェクトごと)に参加できるワークショップ開催の提案をいたしました。今後、合同会議や当サイトでもご報告する予定です。

■「パークシティの好きなところを一言!」付きの自己紹介(参加者全員)

(フォトギャラリー)

参加者全員による自己紹介を「パークの好きなところを1つ!」付きでしていただきました!

印象に残るのはやはり「緑」「利便性」などの住環境。中でもC棟の前のレンガブロックとその上の高木からの木漏れ日、高層棟の上から見下ろす芝生公園の緑、外国リゾート地のコテージを思い出させる低層棟の佇まい…など、溝の口を代表するトラディショナルな美しい敷地への愛着を挙げる方が多数。

また組合活動に参加して、知り合いも増え、徐々にこのようなご近所との交流が増えたことに楽しさや喜びを感じ始めたなどのプラス意見が印象的でした。

 

最後は桜井前自治会総務部長による一本締めで中締めとなりました。

■取材を終えて

17時から19時までの予定が1時間オーバー(笑)。司会者(山本)の力量不足による時間超過もありましたが、終始和やかで活発な意見も飛び交い、充実した情報交換会だったと感じました。

昨年、一区分所有者として総会に出席しましたが、一部の住民の方から「懇親会」に対する「飲み食いは不謹慎」との声や抗議文書の配布もありました。残念なのは管理組合から、そういった関心をもった方々に情報交換会への招待の連絡をしたそうですが出席されなかったこと。是非、出席して実りある時間を共有していただきたかったと思いました。

 

組合員、専門委員が限られた任期の中で、取り組むべく問題、課題山積みの当パークシティにおいて、活動する人間同士が時には自由な雰囲気の中で意見交換することも必要かなと。

マーケティングセッションの最初に「アイスブレイク」という手法があります。マーケティング勉強会の冒頭に参加者のカチカチになった緊張をほぐすためにユニークな自己紹介をしたり、ジョークを取り入れる手法。リラックスした時間・空間でのディスカッションと交流は今のパークシティには最も必要だと感じました。

 

今回は役員、元役員、専門委員、自治会役員以外の参加者は少なかったようですが、次回は一人でも多くの居住者の方の参加をオススメします!もちろん僕も参加させていただきます!

 

HP委員会 文:山本 撮影:栗山