植栽管理住民説明会参加レポート

12月15日(日)、今年度の植栽管理住民説明会が開催されました。

平成25年度植栽管理に関する住民説明会が環境分科会の主催で開催。
2回に分けて行われた説明会へ、延べ30名(第1回10名 第2回20名)の住民が来場され説明を受けました。

環境分科会が討議を重ね綿密に作り上げた植栽管理計画を発表
その内容は、桜並木(D棟裏)の北側植栽変更、噴水広場前(E棟裏)新規植栽計画、ヨーカ堂前築山のサクラ植樹を含む新規植栽計画。2カ所の住棟接近樹木の伐採計画。
そして、専用庭の生け垣・フェンス改修計画、等。

長年の課題となっていた植栽の積極的管理を進める内容でした。
(詳細な内容は、管理組合からのお知らせ欄に掲載しています)

 

参加された住民の方々も、無秩序な状態を美的観点・利便性の観点から大幅に変更、シンボルツリーとなるサクラなどの補植など改修案を熱心に聴講されていました。
また説明後の質疑応答では、住民の方々のそれぞれの身近な植栽についての改修の希望や提言が発言されました。また同じように改修の必要を感じていらっしゃった住民からは、今回の改修計画を支持する発言も出ていました。

 

説明会の後はほとんどの参加者が一緒に、パークシティ内のそれぞれの改修計画の現場へでかけ、実際に目で見ながら説明を聞きました。竣工当初の業者による見かけばかりを重視したような無秩序な植栽が、30年経過した今になって問題になっているのがはっきりとわかる現場の見学会でした。

桜並木の再生や、シンボルツリーの植樹、四季の花を意識した美的観点からの補植などパークシティの資産価値を上げる今回の大規模計画は来年1月から工事を始める予定です。

植栽管理住民説明会の様子

当日参加できなかった方のため、当日の資料を用意しました。25年度に予定されている植栽管理の内容をイラストでわかりやすく解説しています。是非ともご覧ください。

平成25年度植栽管理実施内容の説明 住民説明会part1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.3 MB
平成25年度植栽管理実施内容の説明 住民説明会part2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB