「管理組合情報交換会の運営ガイドライン」を制定しました

平成25年11月10日

パークシティー溝の口管理組合

 

管理組合情報交換会の運営ガイドライン

 

管理組合業務を効果的に行い所期の成果を達成するための一助として、役員間の情報共有を進めるとともに相互理解を増進することを目的に「情報交換会」を行う。

「情報交換会」運営のガイドラインは次の通り。

 

1.名称

   「情報交換会」

 

2.開催回数

  ・全体(合同会議メンバー全員対象)は、原則として年間2~3回

  ・分科会+専門委は、必要により年間2~3回

                         (上記の回数は目安) 

 

3.自己負担(現役員)

・管理組合役員は、500円/回を負担する。

(役員は当日受付で支払う。役員以外の参加者・招待者は負担なし)。

  (自己負担分(参加役員数×500)は、後日まとめて管理組合口座に振り込む)

 

4.内容 

  ・毎回テーマを定める(例えば、自己紹介とか懸案事項の確認・意見交換等)。

・参加者は名札を着用する。また、参加者名は記録する。

・必要により開催を広報し、役員以外の方の参加も要請する。

(組合員、元役員、自治会関係者、コンサルタント、管理防災センター等)

・場所は、パークシティ溝の口内の集会室とする。

・イメージとしては、「リラックスした雰囲気で情報交換・情報共有ができる場」

「忌憚のない意見を述べ合え相互理解を進められる場」

 

 以上     

 

 

※2013年11月 合同会議承認、制定