理事長になろう!VOL18  パークはひとつ!! ~パーク管理組合改革と将来に向けての提言~

理事長補佐・広報担当
鈴木寿一郎


昨年度理事長、今期いいだしっぺ継続役員を務めあと役員任期も二か月となりました、GW快晴ですが、午前中 財政委員会B棟集会室会議出席に向かっている役員の方とすれ違い、E棟集会室でも会議をしているようで、「お、さぼっている」という罪悪感を覚えましたので、コラム執筆をします。しかし、継続役員制導入により、組合が活性化できたのは、何よりです。


二年近く自己の住居の管理組合に携り、いろいろと勉強にもなりましたし、理事長役ということで、パークの人もたくさん知己を得て、役員二年の経験から、今後と将来に向けての提言を以下に記します。


 当提言は、特に理事会・合同会議等の合意・承認を得ているわけでもありませんので、あくまでも理事長経験者としての提言とメッセージと受け止めていただければと存じます。

 

・経緯として … 昨年総会の場で改革方向性をプレゼンテーションさせていただきました。今期宮下理事長含め各役員の尽力により、二年で改革できた事は、継続役員制度、新しい委員会の設立(HP委員会、環境グランドデザイン委員会、管理組合および自治会協議会、財政組織委員会)、住民台帳の策定(これからですが)等です。

 

~提言~

◇組織編
1. 理事長任期の複数年化 (3~4年)と報酬改正
理事長は、組合住民すべてを代表する立場と権限を有しています。今までは、持ち回り的名誉的名士的+全体クレーム処理係な役割でしたが、今後は老朽化、高齢化、時代の流れ含め、強いリーダシップを発揮してさまざまな課題問題解決、改革、将来へ向けてのマネジメントを託さなければなりません。
私自身の経験からも、とても一年ではできません、じっくりトップとして取り組むためには最低でも3年は、必要だと思います、五輪も衆議院も4年なので 4年がいいのかなとも思います。


 なので、それなりの知見と経験を有し、人間性にも優れている必要があります、本来選挙が望ましいのですが、現状では カルチャー的にそうはならないでしょう、推薦制含め検討が必要ですが、私見としては パークには人材はいますので、私が知る限りでも理事長を託せる方は数名以上いらっしゃいます。


 報酬を上げたから、良き&正しい人物がやってくれるか?というと疑問です、逆に嫌がる方もいらっしゃるかと思いますが、しかし住民からの尊敬と責任を感じていただくため報酬アップは必須と考えます、理想的には毎年総会で、理事長評価をして3ランクくらいから決定していければ良いかなと思います、職業ではないので高額報酬もあまり好ましくないと思います、私見としては 月額10万、年額120万円くらいでしょうか? 評価によって上下させるというのが良いと思います。

 

2. 財政改革
現在財政委員会で討議検討している最中ですので、詳細意見は控えますが、一言で言えば、「パークシテイは全体で一つ、一体として考える」というのが基本理念にすべきと考えます。


   パーク一体化ということでは


   →住棟別積立金の廃止
   →住棟別総会の廃止、住棟総会も廃止 会議も合同会議なので 総会も合同総会にすべし
   →全体懇親会 =総会の後でも会議室で年に一回 「住民全体飲み会」の開催

 

  ※タッチーな提案ですが、修繕、グランドデザイン、高齢化対応等々含め、管理費の値上げも
   検討すべきと考えます、パークは世帯数が多いということもあり、平均よりも現状安いという認識です。

 

3. 組織改革
こちらも同じく 討議検討中ですが、わかりやすく言えば 管理組合と自治会を一体にして、組織的にはヒエラルキーを強化し(なので理事長は、とても重要)、住民=居住者参加の専門委員会を増加活性化改善しマネジメントを強化する。

 

4. 管理会社に関して
この問題は、数年来継続している問題です、継続性導入で少しは組合も強化されつつありますが、もう少し組合が強化されまた住民の理解を得たうえで、管理会社への要求整理と管理会社との共生ということを進めるべきと考えます、上記 財政・組織一体改革にも深く関わっている課題です。

 

◇生活編

1. グランドデザイン
管理組合環境分科会の下部組織でグランドデザイン委員会を設立しました、30年以上経過している集合住宅ですから、時代に合わせて全体デザインリニューアルをして資産価値の増大と快適な生活空間を演出できればと願っております、最近でも環境分科会の活躍によりブランコ、藤棚、案内板等がリニューアルされ気持ちよいです、個人的にはエントランスを重厚な木目ドアに早く変えてほしいですし、昨年もめたベンチも もっとラグジュアリーなものにしてほしいです。


一方、ハードだけでなくソフトといいますか 住民がどのようなコンセプト、雰囲気を望むのかということが重要と考えます、外部コンサルタントの意見は、参考にするものの住民居住者が自分たちの意思で考え決めていくということが大事なことです。

 

2. 住民台帳
すでに防災防犯分科会で作業に入っておりますが、個人情報保護の問題はありますが、「パークはひとつ」という理念と防災の観点、なによりも高齢化が進みますので、住民同士の助け合い増進含め情報は出し合うということが必要と考えます。

 

3. 貢献者記念プレートと植樹
住民表彰制度を制定しましたが、修繕委員含め住民としての感謝はまだまだ足りません。我々住民の代わりに、考えられない努力と貢献をされている方々に対しての御礼と感謝の気持ちとして表彰者には、パーク内に記念プレート設立と記念植樹を実現したいとおもいます。

 

◇その他
このあたりは、ほとんど私見になりますが…

1. ウエブの住民参加と活性化
2. デジタルサイネージの導入
3. 管理組合合同会議、自治会会議等のライブウエブ中継(住民視聴者参加もあり)
4. 正月の時計台前集合イベント(餅つき大会併用)


以上

 

▼▼▼「理事長になろう!」へのご意見・ご感想はこちらから▼▼▼

メモ: * は入力必須項目です