修繕委員会情報 平成24年10月  

パークシティ溝の口管理組合
修繕委員会

 

★D工事専有部の事前調査を行っております
各住戸の専有部の給水・給湯管・排水管を「みなし共用部」として、管理組合の費用で一斉に工事を行うことが総会で決っております。
限られた組合の「積立金」を使う工事ですから、各住戸の工事もできるだけ公平な負担になるよう計画をいたしました。
事前調査は、計画した工事内容を踏まえて各住戸内の現状を調査させていただいておりますのでご協力をお願いいたします。


★専有部の工事と費用負担について
給水管などは更新すれば赤水や漏水の心配が無くなります。各個人が別々に給水・給湯管の更新工事を行う場合は、一戸当たり100万円以上の工事費が掛かると見込まれます。
1103戸のスケールメリットを活かして共用部の更新工事と一緒に工事をすれば、一戸当たり50~60万円程度で工事できるということで専有部を「みなし共用部」として管理組合の積立金での工事を計画したものです。
従って、計画をした以上の工事(範囲を超える)を希望される場合の費用につては、各戸にご負担していただくことにいたしました。


★配管ルートの確保について
ご承知のように当マンションの建物は、いわゆる直床、直天構造で、天井裏や床下に配管のためのスペースがありません。
配管スペースを確保するには、室内の内装の解体が必要となります。配管距離が長い場合は管を固定するため、床や天井に点検口を設置します。柱や梁に沿わせて配管する場合は柱や梁が少し大きくなります。。   
多くの方がリフォームをされて快適に暮らしておいでと思いますが、今回の工事では、壁材や床材を解体して配管敷設工事を行い、その後、解体した部分を修復することになります。
当マンションの構造上、このような工事内容で実施することになりますことをご理解ください。

 

★専有部工事の説明会を行います
8月下旬から10月下旬まで施工会社が各戸の事前調査を実施し、その後12月上旬には施工会社による「専有部工事説明会」を予定しております。
 また、D工事や水回りにかかわるオプション工事をご希望の方もあると思います。工事施工に影響が少ない方法で実施できるよう現在検討中です。


詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。