修繕委員会 メンバー紹介

修繕委員会の皆さんとこの日出席していた修繕分科会の皆さん ★画像をクリックすると拡大します。
修繕委員会の皆さんとこの日出席していた修繕分科会の皆さん ★画像をクリックすると拡大します。

2005年の発足よりパークシティ溝の口の専門委員会としてマンションの維持・管理、資産価値向上に献身的な尽力をいただいている「修繕委員会」さん。D工事でお忙しい中(2012年9月末)笑顔で取材・撮影に応じてくださいました!そんなパークシティの歴史ある専門委員会「修繕委員会」のメンバーをご紹介いたします。

 

 

■中川 洋(なかがわ よう)

委員長

2009年 7月~2010年 6月 合同会議 修繕分科会
2010年 7月~2012年現在 修繕委員会

パークシティ歴:14年余(1998年4月~現在)

趣味:ウォーキング(散歩)、カレー作り

出没地域:溝の口~二子玉川~自由が丘~武蔵小杉のスクウェア内

本人から一言:3年程前に抽選で棟役員となり、何もわからないまま修繕分科会に所属しました。当時は大規模修繕工事(B工事)の仕上げの時期で、役員であった一年間、修繕委員会の方々に大変お世話になり、少しでも恩返しができればと修繕委員会に残ることにしました。パークシティ溝の口には1100を超す住戸があり、意見を集約することは難しいことだとは思いますが、逆に皆で協力しあえば大きな力となってより良い住環境が整備されていくとも思っております。是非とも皆様のご理解とご協力を賜りたいと思います。

■豊永 信彦(とよなが のぶひこ)

副委員長 パークシティ歴:12年
 趣味:建物探訪、飲み食い
出没地域:恵比寿、有楽町、多摩川
 本人から一言:建築設計が生業です。役員くじ引き当選後の修繕委員会の立ち上げ有志を募る会議上、業務多忙を口実に最後まで隠れていたのですが、他の皆さんの熱意に打たれ、最後に気が付いたら手を挙げてました。疎遠だったパークの皆さんとも懇意になれ、最近、地元愛に目覚めております。

■矢野 捷一郎(やの しょういちろう)

修繕委員会:7年余〔拡大修繕分科会委員(2005年7月~2006年3月)、修繕委員会専門委員6年余(2006年4月~)〕

パークシティ歴:30年余〔自治会防災防犯部1年(2004年4月~2005年3月)〕
 趣味:街の散策、スポーツ、読書
 出没地域:セントラルスポーツ、高津図書館、文教堂、オアゾ丸善、イケア
本人から一言:定年後防犯パトロール隊を組織して、パークの敷地を廻って、はじめてパークの維持管理に目が向きました。これだけの広い敷地や建物群を維持保全していく為には、もう少し住民の参加・協力と連携が必要な気がします。例えば、“お掃除し隊”を管理組合と自治会連携で立ち上げる等も考えられます。何でも管理防災センターに管理委託するのでは無く、自分達でやれることは自分達で行うという、意識改革も必要でしょう。一石数鳥になると思いますが、いかがでしょうか?自治会を含む合同会議での検討をお願いしたいと思います。

 

■村元 俊子(むらもと としこ)

修繕委員会:7年余〔拡大修繕分科会委員(2005年7月~2006年3月)、修繕委員会専門委員6年余(2006年4月~)〕
パークシティ歴:1981年D棟・分譲時より30年
 趣味:陶芸(ご飯茶碗作り)
 本人から一言:インテリア・建築が専門で、旧住宅公団の仕事にも関わっていたので集合住宅の建物・環境保全に関心を持っていました。2005年、修繕委員会立ち上げに際し、今までの経験が少しでもパークのために活かせればと思って参加しました。技術的な面ばかりでなく、主婦の立場でソフト面も大切にしていきたいと心掛けています。現在まで皆さまに助けられて忙しいけれど楽しく活動してます。
 一言余談:若い現役の委員たちの高い能力に驚いたり、メールに刺激されたり、PCを教えてもらったり、年長者が皆に労られて日々が送れる事を感謝してます。

 

■杉本 豪利(すぎもと ひでとし)

2005年度 拡大修繕分科会
2006年度~2009年度 修繕委員
2011年度中途から再度修繕委員


パークシティ歴:30年目

趣味:美術展鑑賞
 本人から一言:A・B・C工事が終わり一度修繕委員を辞めましたが、2011年途中から委員に復帰しました。D工事無事完了に協力していきたいと思います。

■横山 隆(よこやま たかし)
パークシティ歴:30年

趣味:山歩き、スポ-ツ(最近テニスはご無沙汰です)、カメラ、食べ歩き等々です。
 本人から一言:微力ながらパ-クをより良い環境にすべく、進めてまいりたいと思いますが、資産価値向上に前向きな方のご参加をお待ちします。ご協力を!!!

■髙山 利彦(たかやま としひこ)

2006年度修繕分科会

2007~2009年度

2011年度中途~修繕委員会
パークシティ歴:18年

趣味:スポーツ観戦、古書店めぐり(BookOff含む)、食べ歩き

出没地域:イトーヨーカドー溝の口地下1階、多摩川周辺、渋谷・神保町界隈

本人から一言:ご縁がありまして、ABC工事の時に修繕委員長をさせて頂きました。経験を基に、D工事も無事に乗り切りたいと希望しています。皆さま、ご協力お願いします。

 

■曽根 正彦(そね まさひこ)

2007年度~ 修繕委員会
パークシティ歴:15年

趣味:飲酒(ビールと赤ワインだけ)、草野球、休日出勤

出没地域:新橋応援団ワタル、多摩川河川敷、新橋

本人から一言:2007年度に棟部会長のクジをひき、初めての懇親会で修繕委員会の存在を知り、そこから修繕委員会に参画しました。修繕委員会の活動を通じて、いろいろな方とお知り合いにもなれましたし、とても勉強になることが多く、参画して良かったと感じています。

■池田 龍三(いけだ りゅうぞう)

2013年度~ 修繕委員会
パークシティ歴:分譲時より

趣味:テニス、将棋、ジョギング

出没地域:麻布十番、神田、二子玉川

辰年(1952年)生まれ  B棟分譲当時からのパークの住人。甲子園球場のそばで育ち阪神タイガースを小学四年生から応援、浮気せず商社マンとして海外に四十数カ国を訪問、中東駐在中に湾岸戦争を経験。家族と共にサダムフセインの捕虜となる。昨年七月会社生活にピリオドを打つ。修繕委員会の末席に加えて貰い、今は矢野委員他から指導を受けている。

 

取材後記

2005年7月、排水管改修を検討するために修繕分科会、住棟委員と有志が拡大修繕分科会として活動開始し、2006年4月理事長の諮問機関として正式に修繕委員会が発足したそうです。

修繕委員会さんは、管理組合の役員で構成する修繕分科会と自発的に参加している専門委員で構成されています。

会議に入ると撮影のときの和やかなムードとはガラリと変わり、皆さん真剣な眼差しに!
会議に入ると撮影のときの和やかなムードとはガラリと変わり、皆さん真剣な眼差しに!

分科会メンバーは、現在5名、合同会議の出席の他に月二回の修繕委員会に出席して現在はD工事にかかわる繁雑な事案を合同会議に提案したり、逆に合同会議からの依頼事項を修繕委員会の立場で検討したり、リーダーはもちろん他の役員の方もなかなか大変。専門委員メンバーは現在8名、うち6名は働き盛りの現役の方々です。しかも、建築関係の方ばかりでなく、メーカー勤務、コンサルタント、ファイナンスの専門など職業は多彩です。忙しい本業の間を縫って月2回の委員会に集まり、様々な修繕関係の事案を検討し、懸案となった事項はメールで行うことが通例です。深夜・早朝は当たり前、ときには外国の出張先から、などということもあるとか!

お話を伺って思ったのは修繕委員の皆さんは皆「パークを大切にしたい」という共通の思いで集まっているということ。お互いが自分のできることは自主的に引き受け、協力し合って、同じ目線で議論しています。他の意見をよく聞き、冷静な判断が出来る人々が集まっていることが、現在の修繕委員会の特徴だと感じました。

 

委員の皆さんの献身的な活動によって過去の大規模修繕工事も無事に進みました。2012年現在、築30年のパークシティ溝の口が資産価値を維持していくためには修繕委員会の皆様の努力だけでなく私たち居住者の修繕活動に対する理解・協力は不可欠です。

 

この取材をきっかけに自分たちが住まう施設への興味や修繕工事への関心が高まりました。

 

聞き手:ホームページ委員会 山本