修繕委員会からのお知らせ・お願い

2016年

11月

14日

長期修繕計画説明会・意見交換会のご案内

平成28年11月14日

パークシティ溝の口管理組合

  修繕分科会

 

長期修繕計画説明会・意見交換会のご案内

 

平成27年度の定期全体総会で報告事項として取り上げられました長期修繕計画(平成27年度版)につきまして、その策定に関する前提条件等についてご説明するとともに、今後の定期的な見直し方針等、区分所有者全員の共通課題として継続検討していくために、下記日程にて長期修繕計画説明会・意見交換会を開催いたします。

当日は、区分所有者の皆様のご意見やご提案を伺い、より良い長期修繕計画の運用方針策定等をしたいと考えております。

長期修繕計画説明会・意見交換会は、2回開催されますが、同一内容の報告を行います。ご多用中とは存じますが、ぜひともご出席くださいますようご案内申し上げます。

 

 

    日 時    平成28年11月27日 (日曜日)

           第1回 14時00分 ~ 16時00分  

           第2回 18時30分 ~ 20時30分

* 場 所

E棟集会室

 

* 報告会資料  

1) 11月18日(金曜日)までに全戸に配布いたします。

2) 当日は資料を配賦しませんので、事前に配布される資料をご持参ください。

 

以上

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

08日

F工事・鉄部塗装の基本的ご理解のお願い

現在行われているF工事、鉄部塗装についての詳細について資料を掲載いたします。塗装全般、その下準備の錆落としなど、目の前で施工されている作業についての認識を深めていただける内容と思います。ぜひご一読ください。


続きを読む

2014年

7月

06日

大規模修繕工事(F工事・G工事・H工事)施工業者 工事説明会 開催のご案内

区分所有者の皆様へ

2014/7/6
パークシティ溝の口管理組合
修繕分科会・修繕委員会

 

大規模修繕工事(F工事・G工事・H工事)施工業者 工事説明会 開催のご案内

 

7月中旬より工事を行うことになりました。ご多忙と存じますが、「施工業者工事説明会」にご出席下さいますようにお願いを申し上げます。

 

先日配布いたしました「工事説明会資料」をご一読下さい。
説明会当日は、本書・工事説明会資料をご持参下さい。

 

■開催案内

続きを読む

2014年

6月

08日

修繕委員会情報 平成26年6月 鉄部塗装工事について

修繕委員会情報平成266月  

                             パークシティ溝の口管理組合

                               修繕繕委員会

今年が鉄部塗装工事の周期です

前回の鉄部塗装工事(通称:B工事)は、平成20年(2008年)に実施いたしましたので6年が経過しております。国交省の指針ではマンションの鉄部塗装の周期は4年から6年です。

 自宅周辺の手すりを見てもほとんど傷んでいないので、今回の大規模修繕で鉄部塗装は必要ない! あまり頻繁に工事を実施されると静かな日常の生活が乱されるから、次回の外壁塗装まで伸ばして一緒にやってほしい! とのご意見がありました。しかし、次回の外壁塗装は平成32年(2020年頃)を予定していますので、今から「6年後」ということになります。

 鉄部塗装は錆等の発生防止のため、劣化が進む前に実施することが必要です。

建物保全、安全管理の観点から鉄部塗装を「6年後」まで延ばすことはできません。

 

塗装の正確な劣化予測は専門家でも難しい

工事の計画をする際、手すりについては全戸の立ち入り調査は人手・時間・費用の面で困難と判断し、条件の違う住戸を代表例として調査いたしました。

結果、場所によっては目視ではあまり劣化が見られないところもありましたが、予想以上に劣化している箇所もあり、部材が錆びで欠落している個所までもが見つかりました。このような場所は塗装では対処できず新しい部材を溶接する大がかりな工事が必要になります。

 鉄部塗装における標準的な4回工程(①ケレン(塗装除去)~②下塗り~③1回目塗り~④2回目塗り)の場合、その保証期間は2年です。しかも、2年目・3年目の点検で専門家が目視調査をしても気が付かなかった場所が、4年目点検では塗膜の剝れ,ひび割れ,発錆が見られて急激な劣化に驚く事例が多々あるのです。

今、だれが見ても傷んでいないと思っても、「6年後」まで大丈夫という保証は誰にもできません。

 

足場設置方法を検討しております

1階の住戸へのご迷惑を軽減できるような足場設置方法を検討するよう、施工会社に依頼いたしました。

* 例えばシート張りは2階までとして、1階は日当たりを確保する。

* 工事関係者は上階から降りてきて2階から上の作業を行い、1階の専用庭はできる限り通らないような足場構成を考える。

* 日常の生活を大切に考えて、鉄パイプの位置や間隔を考慮する。・・など

 

区分所有者の皆様には、管理組合の修繕計画にご理解とご協力をお願いいたします。

2014年

5月

27日

「大規模修繕FGH工事計画(案)説明会」での質疑応答記録等の配布について

2014521

区分所有者及び居住者の皆様

パークシティ溝の口管理組合

修繕分科会・修繕委員会

 

「大規模修繕FGH工事計画(案)説明会」での

質疑応答記録等の配布について

 

 

先月19日(土)から22日(火)の4日間に渡って計4回の大規模修繕FGH工事計画(案)説明会を開催いたしました。多数のご出席をいただき、誠に有難うございました。

 

同説明会の質疑応答、およびその後の関連投書において皆様からお寄せいただいたご意見・ご質問を参考に、充分な検討を加え、より良い大規模修繕工事の策定に努力していく所存でございますので、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

これらについて、以下をお届けいたします。

 

1.「大規模修繕FGH工事計画(案)説明会」質疑応答記録

   含む

「大規模修繕FGH工事計画(案)説明会」資料の訂正追加分

 

2.屋上防水・鉄部等塗装工事(F工事)

              足場工法についてご理解のお願い

 

先日配布いたしました「大規模修繕FGH工事計画(案)説明会資料」の追加情報としてご一読くださいますようお願い致します。

                                                以上

続きを読む